スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.171 本誌続き妄想


ネタバレですー!!(しかも続きます(汗))

しかも中途半端なところまで漫画です。

追記より↓






skip (7)







skip (8)







(ま、まさか『闇の国の蓮さん』が顔を覗かせていらっしゃるんじゃ……)


(せ、せめて偽物の笑顔でいてくれぇ―――(汗))



蓮「貴島君、最上さん、こんばんは」



(あ、あれ…?)


(なんだ、意外と普通な顔してるな)


(まぁ考えてみれば貴島はエスコートしてるだけだし、そんな逆鱗に触れるようなことではないか)



キョ「………敦賀さん、こんばんは」



(……ん?)


(な、なんだ?なんかいつもよりキョーコちゃん…ローテンションじゃないか…?)


(なんで??)



貴島「敦賀君、見てよー、この京子ちゃん。ちょー大人美人だろー」


蓮「…そうだね」


キョ「……。」


貴島「ってか敦賀君もいやらしよなー、絶対知ってて隠してただろ。京子ちゃんが実は美人だってこと。」


キョ「えっ?」


蓮「……まぁ…ね。でも見ないと信じなかっただろ?」


貴島「それはそうだな(笑)でも今の京子ちゃんなら俺、ドストライクなんだけど。」


蓮「だから見せたくなかったんだけどね。」



(……蓮の奴、それはストレートすぎるだろ。)


(貴島も目丸くしちゃったよ…。)


(と、いっても鈍いキョーコちゃんにはどうせ伝わってないんだろうけど……って)


(えぇ?!!)



貴島「それってつまり敦賀君は……」


キョ「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!」



(…………。)


(キョーコちゃん、すごいスピードで逃げてった…)


(で、でもそれって…、要するに……)


(意識しちゃった…ってことなの?!)



蓮・貴島「………。」


貴島「ふーん、そういうことか。」


蓮「……。」


貴島「…追いかけないなら俺が行っちゃうけど?」


蓮「それは困るな。」


貴島「じゃあさっさと落としてこいよ。その顔と身体でオチない女なんかいないんだから。」


蓮「…。」


貴島「…真面目な話、これから京子ちゃんを狙ってくる奴、絶対増えるぞ?」


蓮「…わかってるよ。」


貴島「大丈夫、敦賀君のモノになったら京子ちゃんに手を出そうなんて無謀な奴、一人もいなくなるから。」


蓮「俺のモノって…。まだ彼女の気持ち、聞いてないのに…」


貴島「じぁあ聞いてこいよ。」


蓮「……ああ…そうだな」



(蓮…これって…)


(もしかしなくても、すごい進展なんじゃないか……?!)





…続く…

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。